LIFENCEについて

・著作権の帰属先
『LIFENECE』のコンテンツは、後藤学園が制作しており、その著作権は原則として後藤学園が所有します。
個々のコンテンツの著作権に加え、ホームページというかたちで編集したことによる編集著作権も後藤学園にあります。
ただし、後藤学園の教職員以外による寄稿や外部写真家による写真などの著作権は原則として原著作者に帰属します。

・著作権の取り扱い
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えて『LIFENECE』のコンテンツを使用する場合、後藤学園の使用許諾が必要となります。
外部寄稿のものは原著作者の許諾が必要になります。『LIFENECE』の画面を許可なく複製、翻訳、翻案、放送、出版、販売、貸与などの行為をすることはできません。
後藤学園以外のホームページ、パソコン通信、イントラネット、電子メールなどへ無断で転用すれば、著作権侵害に当たります。
これは、非営利の団体、個人のホームページも例外ではありません。記事全文ではなく一部だけ抜き出した場合も同様です。

・許される「引用」の範囲とは
著作権法上認められた「引用」とは、報道、批評、研究などの目的のために、その目的上正当な範囲内で記事の一部を使用することを指します。
正当な範囲とは、
(1) その著作物のその範囲を引用する「必然性」がある
(2) 量的にも質的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係にある
(3) 本文と引用部分が明らかに区別できる
という条件を満たすことと、出所の明示が必要です。

・コンテンツのダウンロードについて
個人が『LIFENECE』のコンテンツを自分のパソコンにダウンロードするのは著作権法で認められた「私的使用のための複製」と解釈されます。
ただし、ダウンロードしたコンテンツを使用できるのは、本人かその家族に限られます。個人がダウンロードしても会社などで本人以外に利用させると「私的使用」の範囲を超えます。
この場合は営利目的であるかどうかに関わらず、著作権上の問題が発生します。

・『LIFENECE』へのリンク

『LIFENECE』へのリンクは、原則として自由です。リンクを張った場合は、そのホームページの内容やリンクの目的などを記載してご意見・ご要望よりお知らせください。
ただし、営利や勧誘を目的としたものであったり、フレーム内でのコンテンツ使用で著作者が曖昧にみえるもの、その他、後藤学園の事業や信用を害する恐れがあるなど『LIFENECE』の趣旨に合わないホームページの場合、リンク自体をお断りすることがあります。


TOP