無心 自然を生きる

無心

無心

高橋 延清 (たかはし のぶきよ)
1914 年生まれ。東京大学名誉教授。東京大学農学部林学科を卒業後、1度も教壇に立つことなく北海道富良野市にある東大演習林で研究を続けて、同演習林の育ての 親といわれる。また森の不思議な生態や造形美を著者『樹海に生きて』『森に遊ぶ』などをとおして紹介、“どろ亀さん”の愛称で親しまれている。92年「林 分業法に関する研究と自然保護活動」により日本学士院エジンバラ公賞を受賞。

原生林の奥の奥
倒れた大樹のその上に
コケとキノコが絵を描いた
小さな小さなキノコたち
白とピンクの服着てた
秋のうす日を背にうけて
川の流れを音楽に
小人の国の舞踏会


無心


TOP