蘇生(再掲) 自然を生きる

蘇生(再掲)

蘇生(東北大震災に向けて)

高橋 延清 (たかはし のぶきよ)
1914 年生まれ。東京大学名誉教授。東京大学農学部林学科を卒業後、1度も教壇に立つことなく北海道富良野市にある東大演習林で研究を続けて、同演習林の育ての 親といわれる。また森の不思議な生態や造形美を著者『樹海に生きて』『森に遊ぶ』などをとおして紹介、“どろ亀さん”の愛称で親しまれている。92年「林 分業法に関する研究と自然保護活動」により日本学士院エジンバラ公賞を受賞。

 

 

大災害をうけて
樹海は重傷なのだ
だが、 樹海は
大きな大きな
生命力を秘めている
仲間たちは
立ち上がっていた
力をあわせ
汗を流していった
愛があるからだ
夢があるからだ

歳月は流れてゆく
風害の傷跡も
やがて、消え失せて
美しき理想の

大森林として
再びよみがえり

永遠なるものを
深きものを

 


蘇生(再掲)


TOP